ミッケ!


ミッケ!とは息子が大好きな絵本です。
視覚探索絵本というようですね。


2013_1021_153829-DSC00457 2.JPG


学校の図書室や県立図書館でよく借りています。
ちなみにこちらの3冊も今借りている本です。
色んなシリーズが出ているので
飽きずに楽しめます。
私も時々一緒に見るのですが
結構面白いと思います。













それから日本の絵本作家・宮西達也さんの絵本も大好きです。

2013_1021_154022-DSC00458 2.JPG


こちらも色々な作品があります。
“おとうさんはウルトラマン”はもう3,4回借りています。
息子のツボにハマるような
楽しいお話になっているんです。
どちらかというともっと小さい子向けだと思います。
でもすっごく良い絵本です。
私も好きです。












以前はもう少し難しい本を選ぶようにアドバイスしたりもしていました。
でも止めました。

本人が読みたくない本を無理やり勧めても
面白くないだろうし、読書嫌いになってもね。。

私がそうでした。
母に本を読みなさい!ってたくさん与えられたのだけれども
何が面白いのか・・・字が小さくてイヤ~
もっと簡単な本がいい!
って小学生の頃思ってたんです。

今きっと息子が同じように思ってるのかなと思ったんです。

宿題でよく読書があります。
週に何分読めるか、何ページ読めるかという目標を
たてて提出することもあります。

うちの息子、3日ぐらい同じ本だったりするんですよね。
それもめっちゃ簡単な本。
ただのページ稼ぎだろ~って思ってしまいます。
出来ればもっといろいろな本を読んで欲しい。
せっかく図書館でたくさん借りてきているのに。
でもそれもあまりうるさくいうのを控えました。



とある有名先生が言ってました。
好きな本を何度でも読んだらいいんですよ!って。
読むたびに感じる事も変わるんです。
そうかもなぁ・・・と思いました。


あまりうるさく言わなくなってからは
本も楽しそうに読んでいる気もします。

相変わらず幼稚な本だけどね(^_^;)
今はそれでもいっかぁと思っています。










 にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ



 
posted by のんこ at 20:32Comment(0)日記

泥棒のきもち・・・。

朝から事件です雷雷



長男を学校へ送り出した後
庭で、汚れた長男のシューズを洗っていました。
次男はまだねんね中眠い(睡眠)


ゴシゴシあせあせ(飛び散る汗)やってる時
旦那が出勤ビル


チラッと見たが無言ー(長音記号2)いつものこと。



さぁって!靴も綺麗になったし
中に入ろうとするか!

ガチャッ! ん・・・ガチャ?
ガタガタガタ・・・!

閉まっとる??




・・・しばし冷静に考えてみる。




ちょっと待って・・・。
わたし外、次男は中・・・長男学校・・・
旦那、出勤途中。
無意識だろうけど、旦那がしっかりカギを閉めて行きやがった行った!


えっ?どうやって中入るん?





冷静ではいられなくなったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



パニックパニック($・・)/~~~


どこに連絡する? 
イヤイヤ携帯も家の中やし・・・


お隣さんに助けを求める?



ちょっと待て!
どこかカギの開いているところはないか?



次男坊が起きてたら
リビングの窓を開けてるんだけど
まだ寝てるからカギも閉めたまま・・・。



そうだ、ほんの数分前に
和室の小窓を1か所、換気の為に開けた。



救いの手はそこだけか?



西に回る。

ちょっとだけホッとした。
ここから何とか入れるかも?


・・・入れるかな?




イヤ、意地でも入るしかない!!




ちょっと高さがあるから
何かに上らないと・・・。




西窓.jpg



大人でもパニックになると、こんな安定感の悪い
重ね方をするものだ(・・;)
丸いプランターの上に細長~いプランター(汗)


結局緑色の台を二つ重ねて
よじ登り、顔を突っ込んだ!



誰も見てないかな??
ドキドキ・・・
見られていませんように・・・。


よいしょと手を入れて、腰を入れて
う~~んとこしょ!!


泥棒に間違われんかな??
この入り方、
どう見ても泥棒やろ!!!



痛~っ!スネ打った。
何とか和室に頭からダイブあせあせ(飛び散る汗)



朝からなんで私こんな目に会っとん?



むかっ(怒り)爆弾むかっ(怒り)爆弾

急に怒りが込み上げてきた!!








その後、旦那にネチネチぐちぐち言ったのは
言うまでもない。



外へ出る時は
かならず窓を開けてから出ようと
心に決めた朝でした。



 にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ