マンションの太陽光発電について

経済産業省より15%の節電を目標とする夏期の電力需給対策が発表されました。今日の夕方のニュースでもいろいろ報道されていましたが、あちこちで様々な節電対策が取られているようです。エアコンの温度を高くするとか、照明を普段の1/4に減らすなどなど、企業でも個人個人が少しずつ我慢しながら工夫を凝らしているようです。
今年は大震災の影響もあり、こうした電力に関する報道が多いです。
自分自身も改めて色々考えさせられます。
何がベストなのか決めつけてしまうのは難しいけれども
工夫しながら環境について考えることはとても大切なことです。

マンション 太陽光発電の総合情報は太陽光発電に関することはもちろんのこと、電力や新エネルギーに関する情報が満載です。
まだまだ知らないことがいっぱいあるんだということに気付かされます。
例えば蓄電池システムというものです。
太陽光や風力による電力は自然に左右されるため、どうしても電力供給が安定しないという側面がありますが、この安定しない電力供給を解消する技術が蓄電池といわれているそうです。この蓄電池を上手く利用することで安定した供給が行われるようになるということなんですね。
これならば自然の力をもっと効率よく生かしていけるのではないでしょうか。今後もっともっと注目される新エネルギーとなりそうです。

レーベンハイム光が丘はマンション戸別太陽光発電システムを採用しています。マンションでもこのようなシステムを導入するところがどんどん増えていきそうですね。太陽光発電+オール電化で光熱費やCO2の削減にもつながります。

この記事へのコメント