クラシック・アレンジによるミスチル・インストCD

君がいた夏 ~Kazutoshi Sakurai Works for Violin

こちらは、2012年8月22日発売の、
君がいた夏 ~Kazutoshi Sakurai Works for Violinです。ヴァイオリンをメインに、ピアノ伴奏で録音をしたミスチル インストカバーCDです。

ミスチルのCDの録音や、コンサートツアーなどではヴァイオリンを始めとする弦楽器が参加することが多いそうです。
このCDが誕生したのには、こういうことも理由のひとつのようですね。

ミスチルの歌は素敵なメロディーのものがたくさんあります。
私が印象に残っているのは、Tomorrow never knowsやinnocent world。
一度聴くと忘れない。頭の中をくるくるとメロディーが回っている。
ついつい口ずさんでしまう。そんな曲だと思います。

どちらもSakurai Kazutoshi作詞作曲。
表現力が凄いし、とにかくメロディーがいいんですよね。

こんな素敵な曲をクラシック調で聴くとどんな感じになるんでしょう。

全楽曲試聴が出来るので早速拝聴してみました。

私好きですね~。この雰囲気。
ヴァイオリンがとってもいいです。

同じ曲なんだけど、また違った曲にも思える。
本当にクラシックの雰囲気を醸し出している感じ。

このCD、車の中で聴きたいですね!

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログからの情報です。

この記事へのコメント