K-パレット リアルダブルアイリッドを使ってみました

K-パレット リアルダブルアイリッドのモニターをさせて頂いています。

DSC04380.jpg 2.jpg

K-パレット リアルダブルアイリッド
1,500円(税抜)


非接着タイプ。
マットパウダーと強力ポリマー配合で肌に溶け込むような自然さとふたえのなりやすさを実現。
さらにふたえのくせづけにも。




DSC04382.jpg 2.jpg

リキッドタイプのアイライナーと同じような形状です。

プッシャーも一緒についています。

DSC04383.jpg 2.jpg

筆は平筆、液は乳白色です。

DSC04452.jpg 2.jpg

折り込み式の基本の使い方です。

①ふたえにしたいラインの内側にまんべんなく液を塗ります。

②完全に液が乾いたら目を開けます。

③まぶたが折り込まれふたえが完成します。

作りたいふたえは液を塗る場所・広さ・形によって色々バリエーションがありますが、

元々の目の形によっても変わってくるかと思います。

特に目頭の形!蒙古襞の有無です。

今回のモニターきっかけで調べてみて初めて知った名称ですが

蒙古襞って日本人の8割が持つと言われていて、逆に西洋人にはほとんど見られないのだそうです。

同じふたえでも印象が随分変わります。

私の場合は、この蒙古壁があるので、液を目頭まで広げてしまうと

綺麗なふたえが作れませんでした。

それどころか不自然な目になってしまいました。

なので、目頭から少し話したところからスタートして目じりの方まで塗ると

とても綺麗で自然なふたえを作ることが出来ました。

元々ひとえだったのが加齢により奥二重になったというややこしい目ということもあるかもですね。

液は初めは乳白色ですが、乾くと透明になり、全く液を塗っていることは気付きません。

cats-crop.jpg

これは手の甲で試してみましたが、ほんの1分程度で綺麗に乾きます。

目につけた時は乾くまで閉じておく必要があるので

乾いたかどうかどうやって確認するの?って思いますが、

塗った直後は、液がついている部分はひんやりしています。

このひんやりが感じられなくなったら大抵乾いています。

プッシャーを使わなくても綺麗に仕上がりますが、より理想的に近付けるなど調整として使用します。

使い続けることでふたえのくせ付けにもなるので凄くいいなと思います。

モニターの機会を頂き有難うございます。



この記事へのコメント