スゴオフ クレンジングクリームを使ってみました

スゴオフ クレンジングクリームのモニターをさせて頂いています。

DSC07002.jpg 2.jpg

スゴオフ クレンジングクリーム
容量: 200g
価格: 858 円 (税込)


無香料・無着色料・アルコールフリー

DSC07003.jpg 2.jpg

2種のクリアリフト成分※2配合
リンパ管ケアに着目した成分「キュアパッション」と、
肌のキメを整える植物性のクリア成分「マンダリンクリア」の働きで、
メイクオフしながら肌のハリ感をサポートし、肌に透明感を与えます。
●キュアパッション(クダモノトケイソウ果実エキス)※2
●マンダリンクリア(マンダリンオレンジ果皮エキス)※2

マッサージ効果で、メイクオフしながらリフトケア※1
とうもろこしから摂れた「スターチ粒」が肌の上をやさしく転がることで、
摩擦感を軽減してマッサージ効果をアップ。メイクや毛穴の奥の汚れ、
古い角質を落としながら、リフトケア※1を叶えます。

角質クリア成分(発酵AHA)※3配合で、透明感ある肌へ
角質ケア効果のある「乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液」を配合。
メイクや古い角質を浮かせて落とし、くすみ※4のない透明感ある肌へ導きます。

※1 マッサージ効果によるもの
※2 保湿成分
※3 清浄成分
※4 古い角質による


DSC07004.JPG

初めはこってりとしたテクスチャーですが、伸ばして
肌に馴染ませているころには乳液のようなとろみのある柔らかいテクスチャーに変化します。

DSC07006.jpg 2.jpg
DSC07007.jpg 2.jpg
DSC07008.jpg 2.jpg

なるほど!マッサージしやすいです!

DSC07011.jpg 2.jpg

ウォーターやオイルに比べるとクレンジング力は劣りますが、
マッサージしやすいので、メイクをオフしながら、リフトケアできるというのは実感できますね。
摩擦感が軽減されるというのは、クリームならではだと思います。
ポンプ1回押しはとても少量なので、実際に顔に使用する量は、
だいたい4~5回押し程度に量が必要です。
クレンジング後の仕上がりは、これまたウォーターなどとは全然違っていて、
薄く膜で覆われているかのような感覚です。顔と手のひら両方。
しっとり感は残っていますが、なんとなくスッキリ感には欠ける感じ。
パッケージをよく見てみると、クレンジング後の洗顔をおすすめします。とありました。
これまたなるほどですね。
ひと手間かかりますが、クレンジングクリームを使っていると
翌日の肌が柔らかくなっている気がします。
スゴオフにはウォーター・オイル・クリームと種類があるので
好みや特徴によって選ぶといいのかなと思います。
モニターの機会を頂き有難うございます。



この記事へのコメント